液状化対策はプロにお任せ|優良業者を見極めよう

液状化のメカニズム

工事現場

対策方法と意識

地盤が地震により液状化する映像はニュースでも取り上げられています。地震の多い日本では、今後も考えられる現象であり液状化対策を講じる事を検討する自治体や個人も多くなっています。そもそも何故この現象が起きるのでしょうか。十分固い地盤であっても地震による振動により砂の粒子がバラバラになる事で、地下水の上に浮く現象を液状化と言います。その発生要因は3つに分けられます。1:緩い砂質の地盤である事。2:地下水が下に流れたり存在しており、その水位も高めである事。3:地震による振動が起こる事の3つが主原因です。考えを変えるとこの3つを改善する事や、3つの条件が揃わない様にする事が液状化対策になると言えます。その液状化対策方法も確立はしています。緩い地盤を固める事や、地下水の水位を下げる為に水を抜く事等があります。その工法にも種類があり、新築住宅やすでに建っている住宅やマンションによって方法は違います。あくまで液状化対策した所しか予防はできないので、自宅以外にも周辺地域や道路にも対策をする必要があります。自宅が助かっても周辺道路等が液状化する事により、水道管や電線といったライフラインが寸断されるからです。この液状化対策は大切な財産を守る為に必要な事ですが、各自治体が積極的に行う必要のある事です。液状化の可能性がある地域について、県や国がすでに調査を行っておりネットでも危険地域マップを閲覧する事ができます。これからの液状化対策には、個人も自治体も自分の街を守る意識で取り掛かる必要のある課題と言えます。

Copyright© 2017 液状化対策はプロにお任せ|優良業者を見極めよう All Rights Reserved.