液状化対策はプロにお任せ|優良業者を見極めよう

表層改良やグラウト材で

震度計

建築後の施工も可能

住宅の液状化対策は、基本的には建築前に行われています。液状化とは、地震などの揺れで、表層が水分の多い状態になる現象です。発生すると、住宅が水の上に建っているような状態になるので、安定性の高い住宅にするために、建築前に液状化対策が行われているのです。方法は多くありますが、特によく行われている液状化対策は、セメントなどによる表層改良です。住宅の真下で、厚みのある硬い層を作っておけば、表層が水の多い状態になることは防がれるのです。しかし古い住宅の場合、表層改良が十分に行われていないこともあります。また、行われていたとしても経年劣化により、頑丈ではなくなることもあります。このような場合には、住宅が建っている状態で改めて液状化対策を行う必要があります。具体的には、グラウト材と呼ばれている流動性のあるモルタルを、住宅の下に注入して固めるのです。グラウト材には隙間に入り込んで固まるという性質があるので、注入すれば地盤を形成している砂は、固まって板状になります。また、過去の液状化対策でもろくなったセメントなども、隙間が埋められることで頑丈な状態に戻るのです。さらにグラウト材の注入は、液状化が発生した後にも役立ちます。液状化が起こると、住宅は安定性の悪さから傾きやすくなるのですが、このような場合にはまずはジャッキで住宅を持ち上げ、水平な状態にします。その上でグラウト材を注入し、ジャッキごと固めることで、住宅の傾きは改善されるのです。

Copyright© 2017 液状化対策はプロにお任せ|優良業者を見極めよう All Rights Reserved.