house

建築現場を見学

建築中の現場へ足を運ぶことの重要性

注文住宅で住宅を建築する場合のメリットの一つとして工事中の現場を確認できることが挙げられます。分譲住宅では住宅は完成した状態でしか確認することはできません。極端に言うと手抜き工事をされていても内部構造に関しては知ることができないのです。もちろん分譲住宅を提供する建築会社はこうした不安を払しょくするために映像として工事中の様子を残していたり写真として残しているなどより安心して購入してもらえるような提案をしている建築会社もたくさんあります。 しかし一番納得できるのは自分の目で見るということです。注文住宅は間取りも自分たちで提案して設計しているのでより工事中の住宅を理解しやすいといえます。工事中の住宅を確認することは住むうえでも非常に安心できますがほかにもたくさんのメリットがあるのです。

職人から見た施主が現場を頻繁に訪れるメリット

注文住宅といっても分譲住宅と同じように現場監督や工事監理者のの管理のもとに職人が現場で作業を行っています。特に近隣などが難しくない場合はゴールデンウィークや年末年始など特別な休日以外は作業していることも少なくありません。平日は建築主にも会社などがあるでしょうがこうした日であれば休みという人も少なくないのではないでしょうか。こうした日に現場を訪れることで作業をしている人と顔を合わせることができます。作業をしている職人にとってそこに住む人の顔が分かるというのはより丁寧に作業をしようという気にさせてくれるのです。注文住宅だからこそのメリットです。更に職人と知り合いになることで家づくりの工程や手入れに関する情報を手に入れることができるかもしれません。場合によっては施主にとってメリットのある提案をしてくれるかもしれないのです。建築会社に任せきりにするのではなく自分たちで現場を訪れることで多くの利点があるのです。

Copyright© 2015 注文住宅の新築戸建で理想の一戸建てを建てる|NICEなHOUSE All Rights Reserved.