液状化対策はプロにお任せ|優良業者を見極めよう

安全で安心の住まい

重機

万一の備えをしっかりと

大きな地震が発生する時のために、臨海地域だけではなく、内陸部においても液状化対策が昨今、防災の観点からも重要視されています。液状化は、地震が発生した時に地盤が液状化することをいい、同じ大きさや砂などの成分で構成されている土壌が、地下水で満たされている場合に液状化しやすいです。液状化対策をしなければならないのは、傾斜や沈下の恐れがある木造建築の建物です。木造住宅は、建物自体の重量が軽く、基礎も浅いため、液状化の影響を受けやすくなります。住んでいる地域の地盤が液状化対策をする必要がある場合、事前に防災対策を取ることが万が一のために重要な策になります。地盤自体を改良して、被害を最小限に抑える方法があります。具体的には、深層混合処理法など、土と固化剤を混ぜた改良体を基礎フーチング部分に埋め込むことで地盤を改良することができます。また、セメントスラリーなどの液体を地盤に注入することで、地盤の改良に役立ちます。地盤の囲い込み行うことでも、液状化対策に役立ちます。被害を受けてからでも液状化対策をすることが可能ですが、重機が入るスペースがあるかどうかや水道管など周りの状況を知っておくことが大切です。都道府県では、地盤状況の確認や液状化対策における工事の選定方法などのアドバイスを行っている窓口があります。現状を知っておきたい方や液状化対策等を考えている方は一度、行政や建築関連の団体等に相談してみてください。

Copyright© 2017 液状化対策はプロにお任せ|優良業者を見極めよう All Rights Reserved.