液状化対策はプロにお任せ|優良業者を見極めよう

土地や住宅の基礎を調査

作業員

周辺の建築物も確認

住宅の建築や購入の際には、その土地で液状化対策がしっかりと行われているかどうかを確認することが大事です。液状化対策とは、地震発生時に液状化による大きな被害が生じないよう、地盤を改良しておくことです。たとえば、砂を敷き詰めて圧を加えておくと、その地盤では簡単には液状化が発生しなくなります。こういった液状化対策の有無は、地域の役所のホームページなどで公開されているので、それを閲覧することで確認できます。また、住宅の基礎についても調べておく必要があります。太く頑丈な杭を深くまで打ち込み、それで基礎を支えるという杭基礎の住宅だと、万が一液状化によって地盤がもろくなっても、住宅はその影響を多くは受けずに済むのです。こういった構造上の情報については、建築時にはハウスメーカーなどから、購入時には不動産会社などから、宅地建物取引士によって説明されます。さらに、住宅の周辺における液状化対策についても、把握しておくと良いとされています。たとえば住宅のすぐ前に電柱があった場合、液状化が起こると不安定になり、住宅に向かって倒れてくる可能性があります。もちろんこういった公共建築物では、安全性を考慮した上での液状化対策が行われています。しかしどれほど安全性が高くても、地震の規模によっては、液状化が発生することがあります。したがって安心して暮らすためには、事前にリスクを確認しておき、より安全な場所を選ぶことが肝心となります。

Copyright© 2017 液状化対策はプロにお任せ|優良業者を見極めよう All Rights Reserved.