液状化対策はプロにお任せ|優良業者を見極めよう

鋼管杭や固化材で

男性

方法や効果のほどは

住宅における液状化対策は、大きく分けて2通りあります。基礎の下に鋼管杭を打ち込むという方法と、住宅の下の地盤を強固にするという方法です。前者には具体的には、10メートルほどの長さの鋼管杭が使われます。これを入れることで、住宅は約10メートルの深さから、しっかりと支えられることになります。液状化が起こっても、住宅が沈下せずに保たれる可能性が高くなるので、この液状化対策には定評があります。かかる費用は、住宅の規模や地盤の状態によって異なってきます。住宅が広かったり、地盤が軟弱だったりすると、長い鋼管杭を多く使うことになるので、その分費用も多めにかかるのです。一般的な広さの戸建て住宅の場合、費用の相場は200万円前後となっています。一方、地盤を強固にする液状化対策では、施工によりその場所での液状化自体が防がれやすくなります。地盤に固化材を混ぜ込んで強化するので、地盤の中の水分が、簡単には地表に湧き出てこなくなるのです。深さは2メートルほどですが、やはり沈下のリスクが大幅に低下するので、この方法での液状化対策にも高い需要があります。費用は、鋼管杭による液状化対策と同じで、住宅の規模によって決まります。使う固化材の量が多いほど費用がかかりますが、多くの場合は150〜200万円となります。このように液状化対策には2種類あるので、それぞれの方法や費用を比較して、より適した方を選んで専門業者に依頼しましょう。いずれの場合も、施工後には安全に生活できる可能性が高くなります。

Copyright© 2017 液状化対策はプロにお任せ|優良業者を見極めよう All Rights Reserved.